移転しました

誤検知騒ぎがあり、下記に引っ越ししました。

http://blog.goo.ne.jp/hiromi_hellman

151205a_004.jpg

ただ、引っ越し先のPINGがうまく動いていないようなので、こちらへ再度、引っ越しするかもしれません。

ご面倒をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : セカンドライフ
ジャンル : オンラインゲーム

新年のご挨拶

ごきげんよう
2014年 明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。



にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村
記事が良かったら上を押してね~~^^
Please push this button, when you become happy with this report.


See you ! ^^

テーマ : セカンドライフ
ジャンル : オンラインゲーム

公式ビューワー改善PUSHのお願い

ごきげんよう

The  Forestさんの記事にあるように、公式ビューワーのバグ改善をしてもらうために、改善を訴える投票が必要だそうです。
http://theforest.blog13.fc2.com/blog-entry-738.html
https://jira.secondlife.com/browse/CHUIBUG-191
今、日本語FEPがその変換中にチャット欄に表示されない問題が出ています。
公式ビューワーを使っている人は少ないようですが、ここはひとつみなさんのご協力で改善投票をしていただけないでしょうか。

私は、公式ビューワーv3.5.0に、add-onスキンStarlight 3.5.0977の組み合わせで使っておりまして、非常に困っておりますww

皆様、よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村
記事が良かったら上を押してね~~^^
Please push this button, when you become happy with this report.

***********************
【おまけ記事】
CEB GPXが本日、開催です。
でも、SIM制限を掛けるかもしれないので、一般観覧できなくなるかもしれません。
なので、ちょこっと様子をご紹介。

今日、GP開催。練習したんですけど。。。。。
100位にも入っていない。。。。ラップタイムが43secくらいだから、1週10sec以上遅れてるww
ということは、10sec×10週÷30sec(1st LAP) = 3周の周回遅れ。。。。
エントリーするの無謀だったかもww


トロフィー出てました。ふむふむ。
混戦だったら、、、跳ね飛ばせば勝てるかも。。。
チキチキマシーン猛レース。懐かしいww 気持ちは、”岩石オープン”号かも。


その前日に、前夜祭ありました。
リログするまで、音声が聞こえなかったけど。
こういうのって、最近、多いのでしょうか?





DJオカポンさんが、ナカタホイット(ゴッディなかと)さんの「セカンドライフにみんな恋」を生で歌っていました。
http://www.youtube.com/watch?v=Tig5VqO791o
知らない人もいるんですよね。きっと。



テーマ : セカンドライフ
ジャンル : オンラインゲーム

新年、明けましておめでとうございます。

ごきげんよう。そして、明けましておめでとうございます。

「白いハマナスの花 in Secondlife」を昨年同様、お引き立てのほど、よろしくお願い申しあげます。


2010年はRLの関係で前半はINできる期間が限られていましたが、後半になると、リリアン学園祭などもあり、俄然忙しく、充実感を味わうけれど落ち着かない日々でした。
そして2011年は、海外での取材を増やそうと考えております。英語を頑張らなきゃネ^^


まずは、新年最初の取材は、恒例のSL新年お参り取材です。
どれだけ回れるかこうご期待!

【参拝情報】
去年の私の記事より:残念ながらすでに存在しないものが多数あります。
http://hirominew.blog17.fc2.com/blog-date-20100101.html
http://hirominew.blog17.fc2.com/blog-date-20100106.html

今年の情報:Navi-SLの柚子さんの情報です。未加入でしたら加入手続きをお願いします。
http://sns.navisl.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=545344&comment_count=10
下記のログオン画面の下、お問い合わせのページに加入方法が出ています。
https://sns.navisl.jp/?m=pc&a=page_o_login&ssl_param=1



【恒例のおまけ】
あーん。足がしびれちゃったww

およ。?!  私ったら、草履をはいたままww

うううん。 何事も平常心です。





テーマ : セカンドライフ
ジャンル : オンラインゲーム

rez day

わたしは、2008/4/9にSecondlifeに登録したらしいです。
普通、そんな登録日なんて、覚えているわけないです。
では、なぜ知っているかというと、プロファイルに登録日が出てるんですね。

話を進めますと、それが「rez day」、SLに生まれた日、だから、誕生日なんだそうです。
2009/4/9に1周年、私はお誕生日をむかえました。

その当時のSSを探してみますと、ありました。
このような”デフォルトさん”でした。
4/24ごろです。

ちなみに、今はいくたびかの整形手術をうけて、こうなりました。



その当時の状況を振り返りますと、一言でいうなら、「怖い」という言葉で表すことができます。

要するに、「人見知り」です。
チャットで会話することに慣れていないし。
何を話せばいいのか判らず。
何か言われても、どうしようと。
それで、「怖い」、なんです。

ひとりであちこち出かけました。



そんなわけで、リリアン校舎へ出かけても、友達がお話しているそばを挨拶だけして通り過ぎる毎日でした。


でも、そのうち会話の隅っこに黙ったままだったけど、参加するようになって。
やっと、チャットにも慣れて。
どうにか「人見知り」を克服できたわけです。
長かったなー。


このときのお友達関係が今でも続いています。

苦しかった時、助けてくれた人がいました。
たった一人だったけど、でもすごく、救援がタイムリーだったし。
思わず、こちらからも助けを求めちゃったし。

それが今の親友です。
いまでも遊んでいます。


そんな世界って、「ゲーム」の一言では片付けられないものだと思います。
SNSの「モバゲー」でもそんな友人らしき人ができましたけど、でもメール文でしか届かなかった。
SLも”チャットだけ”と言えなくもないけど、でも、アバターがいます。リアルタイムで会話します。


メッセージだけでは、メールとしての交友でしか捉えられません。
でも「アバターで来てくれた」「ここにきて、話してくれた。」「その場で、言葉に応えてくれる。」というのは、メッセージとは違います。
わざわざ、時間を使って会いに来てくれた、という”生身”の表現、ボディーランゲージがあります。
チャットでも、会話の返す長さなど、"生身の人間”のような表現ができるのです。
答えにくい質問には、思考時間を多くとったり、話に区切りをいれたりして、生きたリアルタイムの会話ができるんです。

でも、マイナス面もあるんです。
リアル性があって、現実世界ほど表現が細やかではないので、たわいもない一言が、”グサッ”と相手の心に突き刺さる危険性も、ものすごく高くなるのが難点であるともいえます

このようなコミュニケーション能力の高さに着目しているアメリカ企業では、コミュニケーションTOOLとしてビジネスに活用する手法が試みられているようです。それは、教育や宣伝だけでなく、社内会議や、将来はアバターの営業マンが、他社企業へ売り込みに来る世界をも想定しているそうです。

いろいろな仮想世界が、相互接続できる時代が来るそうです。実験も始まっています。
これは、ビジネスとして相互に企業訪問できるためには、企業の閉じた世界と公共世界の道路ともいえるSecondlifeをつなぐ必要があるためです。インターネットのハブのようなものですね。
これは、10年以内の近未来の世界なんです。

私は、あとどのくらい、この世界で生きてゆけるんだろ。
ちょっと、今日は感傷的でした。


プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
ひろみと申します。
現実世界と比べて約3倍以上の速さで変化しているといわれる、セカンドライフ(Secondlife)で、”某女子高新聞部ごっこ”をしてenjoyしています。そんな楽しい生活をご案内します。


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村
記事がよかったら、押してくださいね^^

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
日本ブログ村