聖マインドヤード学園開学

聖マインドヤード学園さんが、2009/04/24に入学式をおこなうそうなので、その前日に覗きに行ってきました。

【場所】
http://slurl.com/secondlife/Halosaur/211/193/41


テレポすると噴水の前にでます。


ちょうど、「セカンドライフで一番KAWAII女学生はだれ?KAWAII School Girl Contest!!」が行われていました。
期間は4月19日~5月6日まで!
賞金は、
1位5000リンデン、
2位3000リンデン、
3位2000リンデンです。
聖MY学園2F大ホールにて、授賞式を行います。
どこの制服でも、かまいません!とのことです。
右の大看板をクリックしますと、案内noteカードが送られてきます。

学校を正面に見て右手に部室棟があります。ここは、購買部。制服と一緒に、Freeの机が!しかも6pose付き!

お隣は、ボクシングとかやるマインドヤード・スポーツ部。なんでもやる運動部みたい。

兜町倶楽部って、投資のお勉強なの?

正面からみた、お城のような校舎。

教室は長い二人掛け。

学食があります。いいなー、これ。絶対いい!

2階にあがると、ダンスホールになっていました。

もう一度外に出て、部室棟の2階へ上がってみます。

さっきの、購買部です。制服が売っています。

Mind Yard Creation Clubです。なんだろう?

談話室かな?喫茶店みたいです。




スポンサーサイト

rez day

わたしは、2008/4/9にSecondlifeに登録したらしいです。
普通、そんな登録日なんて、覚えているわけないです。
では、なぜ知っているかというと、プロファイルに登録日が出てるんですね。

話を進めますと、それが「rez day」、SLに生まれた日、だから、誕生日なんだそうです。
2009/4/9に1周年、私はお誕生日をむかえました。

その当時のSSを探してみますと、ありました。
このような”デフォルトさん”でした。
4/24ごろです。

ちなみに、今はいくたびかの整形手術をうけて、こうなりました。



その当時の状況を振り返りますと、一言でいうなら、「怖い」という言葉で表すことができます。

要するに、「人見知り」です。
チャットで会話することに慣れていないし。
何を話せばいいのか判らず。
何か言われても、どうしようと。
それで、「怖い」、なんです。

ひとりであちこち出かけました。



そんなわけで、リリアン校舎へ出かけても、友達がお話しているそばを挨拶だけして通り過ぎる毎日でした。


でも、そのうち会話の隅っこに黙ったままだったけど、参加するようになって。
やっと、チャットにも慣れて。
どうにか「人見知り」を克服できたわけです。
長かったなー。


このときのお友達関係が今でも続いています。

苦しかった時、助けてくれた人がいました。
たった一人だったけど、でもすごく、救援がタイムリーだったし。
思わず、こちらからも助けを求めちゃったし。

それが今の親友です。
いまでも遊んでいます。


そんな世界って、「ゲーム」の一言では片付けられないものだと思います。
SNSの「モバゲー」でもそんな友人らしき人ができましたけど、でもメール文でしか届かなかった。
SLも”チャットだけ”と言えなくもないけど、でも、アバターがいます。リアルタイムで会話します。


メッセージだけでは、メールとしての交友でしか捉えられません。
でも「アバターで来てくれた」「ここにきて、話してくれた。」「その場で、言葉に応えてくれる。」というのは、メッセージとは違います。
わざわざ、時間を使って会いに来てくれた、という”生身”の表現、ボディーランゲージがあります。
チャットでも、会話の返す長さなど、"生身の人間”のような表現ができるのです。
答えにくい質問には、思考時間を多くとったり、話に区切りをいれたりして、生きたリアルタイムの会話ができるんです。

でも、マイナス面もあるんです。
リアル性があって、現実世界ほど表現が細やかではないので、たわいもない一言が、”グサッ”と相手の心に突き刺さる危険性も、ものすごく高くなるのが難点であるともいえます

このようなコミュニケーション能力の高さに着目しているアメリカ企業では、コミュニケーションTOOLとしてビジネスに活用する手法が試みられているようです。それは、教育や宣伝だけでなく、社内会議や、将来はアバターの営業マンが、他社企業へ売り込みに来る世界をも想定しているそうです。

いろいろな仮想世界が、相互接続できる時代が来るそうです。実験も始まっています。
これは、ビジネスとして相互に企業訪問できるためには、企業の閉じた世界と公共世界の道路ともいえるSecondlifeをつなぐ必要があるためです。インターネットのハブのようなものですね。
これは、10年以内の近未来の世界なんです。

私は、あとどのくらい、この世界で生きてゆけるんだろ。
ちょっと、今日は感傷的でした。


A@Hマーメイドショー

※ごめんなさい。ちょっと古い記事です。

A@Hマーメイドショーが 3/19 23:00より、KaneoheSIM内アロハヘブンにておこなわれました。
恒例のマーメイドダンスです。

深夜設定にして、観賞しました。
海の舞台の側には、マーメイド用の座席がありました。
(sitすると、マーメイド座りします。)


【場所】
http://slurl.com/secondlife/Kaneohe/80/147/23
【ブログ】
http://orchid.slmame.com/

http://orchid.slmame.com/e563487.html







プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
ひろみと申します。
現実世界と比べて約3倍以上の速さで変化しているといわれる、セカンドライフ(Secondlife)で、”某女子高新聞部ごっこ”をしてenjoyしています。そんな楽しい生活をご案内します。


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村
記事がよかったら、押してくださいね^^

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
日本ブログ村