ペット霊園とSIM一周トロッコ列車@観光リポート

ごきげんよう

あの有名なトロッコ列車がSIM超えも可能となったそうで、ますます大規模になってくる予感がします。
http://stwo.slmame.com/e692379.html

そんななか、1SIMを一周するトロッコがあるそうで、早速、試乗をしに伺いました。
【場所】
http://slurl.com/secondlife/Peace%20Valley/151/28/54

TP先がここ。
なぜか、家の裏なので、間違えたのではと。。。。
画像を読み込むまで待ちましょう。
トロッコの看板をクリックすると、トロッコが出現します。これに乗り込みます。


島の周囲に、お家が点在しています。渓谷か半島を走っている気分です。

ここが、一番オモシロPOINTです。海の中へも潜ったりします。

ここにも出発駅がありました。降りるとトロッコが自動消滅するので、出発駅しかないのです。

ここから、2週目になります。

さて。ここ一帯がタイニー用shopが並んでいます。その先へ進むと、そこはペット霊園でした。
人間の霊園SIMを見たことがありますが、ここはペット専用であるようです。


真夏の列車旅行見たいです。もっとトロッコが増えると楽しそう。




スポンサーサイト

Winx Home and Garden@SIM訪問

ごきげんよう

Winx Home and GardenのOubliette SIMへ行ってまいりました。
綺麗な山奥という感じのSIMです。

sanaさんのブログ記事「SLおさんぽにっき」」を頼りに、出かけてみました。
http://sana.slmame.com/e675066.html
じつは、スイカのトレハンで一度来ていたのですが、ここだとはまったく気が付いていませんでした。

【場所】
http://slurl.com/secondlife/Oubliette/12/39/29

土地情報には、HEAVY CONSTRUCTION!-建設中と書いてあるのですが、特に未完成の部分が目につくわけではありません。もしかしたら、完成したけど書き直すのを忘れているとか?

お店がSIMの中に点在しています。ここにテレポーターがあって、4番目を選ぶと上空にある展示場へ行けるのですが。帰りのテレポーターが見つからず、片道旅行になってしまいました。

緑の円盤がテレポーターです。


もっと奥へ進んでみましょう。

あれ?ここは、スイカのトレハンで来たところです。そうです。夜に来たのと、先を急ぐので、周囲に目が行っていませんでした。

お店の裏側にも商品があって、お月さまばあります。

さらに奥へ進むと、、、何かありそうです。

まず、左手にあるPOP調なお店へ。

池へ戻って、お遊びを少々。。。

sitをやめて、池の底に落ちると、何か池の底にある???
この井戸のはしごで、降りられるようです。

池のそばに、お店が3店ありました。
ここは、お店かと思ったのだけれど、、、馬車の展示品であったようです。

最後の一番奥のお店へ行ってみましょう。

最後に残った北西方面へ出かけてみました。
お部屋のようですが、入口が見つかりません。これが建設中なのかもしれません。

木が茂っていて、熱帯雨林に近い雰囲気のSIMでした。


【番外編】
上空の展示場へ来て見れば、たくさんの建物が並んでいます。どれも、遺跡風です。

あーつかれちゃった。
でも、探検は楽しかったなぁー^^
それでは、みなさん。おやすみなさい。ww





ドイツ ケルン大聖堂@観光リポート

ごきげんよう

今回は、Secondlife(SL)にある世界遺産、Der Korlner Dom(fc2ツールがウムラウト表記できないので、oで代用)/Dom Zu Koeln、ケルン大聖堂の観光リポートです。

まず、ケルン大聖堂についてのお勉強です。

出典: ベルギートラベルセンターHPより
http://www.beltra-center.net/tour/de/kol.html
「 「ケルン大聖堂」こと聖ペトロ聖マリア大聖堂は、ラインラント地方最古のゴシック教会堂であるとともに、セビリア、ミラノに次いで世界で3番目に大きなゴシック大聖堂として有名です(身廊の長さ144m 幅45 m)。現在の聖堂となる前からすでにミラノからもたらされた東方三博士(三賢王)の聖遺物が多くの巡礼を集めていました。建築工事はパリやランスの大聖堂を手本として1248年に始まりましたが1560年に中断。その後3世紀に渡って放置された後、ようやく1880年に完成しました。1996年に世界遺産に登録されています。」
(このHPにある広告のなかで、ブリュッセルAir-lineがあります。このマーク、見覚えがあります。これは、SLのHUDの1つで、観光情報を提供してくれるものがあり、そのHUDについているヘッダーマークでした。)

ケルン大聖堂official HP
http://www.koelner-dom.de/


本物(RL: Reallife)は街の中にあるようですが、SLでは庭園に囲まれたプライベートSIMにあります。
お店や住宅がまったくありませんので、公共団体による運営なのでしょうか?

【場所】
http://slurl.com/secondlife/Dom%20zu%20Koeln/7/185/32/


左手にピアノがある、広場が見えます。右手には公園です。

中に入ってみましょう。

RLでは、柱ごとに像があるのですが、SLにはありません。祭壇もありません。
がんばれ、SLドイツ人!
(詳細画像は、officialサイトにある、Quicktimeパノラマをご覧ください。)


では、外から見てみましょう。

これは??観光写真? SnapShotの展示会のなごりでしょうか。

演奏していなくても、ピアノの音がしています。

空を飛べる地域設定になっています。塔の上まで飛んでみましょう。

塔の中へ、sitで入ってみます。下を見ると、怖いくらいの高さを実感できます。






Pool、プール@夏のシーズン

ごきげんよう

夏ですね。暑いですね。

ということで、 プールのご紹介を3つ連続です。

1つ目は、Mother Lake市民プール
http://slurl.com/secondlife/Mother%20Lake/133/31/22/
2つ目は、ピュアエンジェル プール&ビーチ
http://slurl.com/secondlife/Pure%20Angel/208/128/29
3つ目は、あゆ村村営海水浴場
http://slurl.com/secondlife/ayumura/61/38/21

はじめは、
【Mother Lake市民プール】
です。
○ーテルの衣装が手に入るラッキーボードがあると聞いてやってくると。そのお隣に、市民プールがあります。

なかなか、当らないので時間がもったいないし、泳ごーかなぁ、っと。^^
さらに横を見ると、天高くそびえるウォータースライダーが見えます。(でも、降りた先がお隣の川・沼なんだよね。ww)
テレポーターで登って、頂上へ。

結構、高いんだー。ちょっと怖めww
下の四角い箱をクリックすると、浮き輪が出てきます。上はバナナボートなんですけど、うまく動きませんでした。

では、恐る恐る降りてみまーース。


下のプールには、泳ぎアニメもあったのですが。何といってもお勧めなのが、浮き輪です。
手で漕いでます。きもちいー。rezした後も自動消滅しないので、お土産に持って帰れます。
ラッキー。よそのプールでも使おーっと^^

そういえば、ラッキボードのイニシャルは、何だろう。ちょっと気になる。。。。

入る時気がつきませんでしたが、シャワー室がありました。


次は、
【ピュアエンジェル プール&ビーチ】
個々のプールの、正式な名前がわかりません。
夏季限定の臨時開設だから、いいのかも??


プールのお隣が、ビーチになっています。

噴水があったり、砂場があったり。でもね。
「更衣室完備」とあったはずなんだけど、どこにあるの???

仕方がなく、隅っこで、お着替え。
ここで、先ほどの入手すみの浮き輪で、ぐるぐる回ります。
流れるプール風ですが、水流はありませんww
でも、この浮き輪は楽しー。Cool !!

お砂場もあるので、ちょっと砂遊びしましょ。

では、海へ行ってみましょう。シャワーもあります。

日光浴を楽しむための、ビーチタオルがありますよ。

海辺で、海を眺めて。。。

この海に備え付けの浮き輪。

浅瀬なので、熱帯魚が泳いでいるのが見えます。綺麗!!

メイドカフェで有名なところなので、ちゃんと海辺にカフェが設置されています。


最後は、
【あゆ村村営プール】
です。

ビーチバレー完備です。
(*これ、お値段が高いですよ。外見は地味ですけど、ある意味、リッチです。)

海の家のお隣が村営プールになっています。更衣室が分からなかったので、ここで着替えてしまいます。

でえーは、プールへGo!

さっそく、飛び込み台へww

もちろん、ウォータースライダーもTRYします。

シンクロのアニメがありました。半分は水の中なので、SSとりづらいです。

今度は海へ。
あの同じ浮き輪がありました。でも、装備を外すと、消えちゃいます。ケチ。。。。あ、邪魔になるからいらないかも^^

残念ですけど、ビーチバレーは人数が集まらないとできません。

先ほど気になっていた、「健康ランド」へ行ってみます。
来ると中にあった、温泉のことかな??

高度が500m以上。。。地上にある温泉ではないようです。

あ!フラダンス!!
さっそく、チャレンジしてみます。うーん。腰つきがそれっぽくて、上手ですね。

男女別の更衣室の先は、混浴の浴場でした。

卓球台が2つも!これも飾りではなくて、遊べる卓球台かも。流しそうめんも置いてあります。

タオルは自前のものを使用しました。

海で泳いだので、まずシャワーを使いました。そういえば、海にはシャワーあったかな??

2人しか入れないカワイイ露天風呂。せっかく、広い砂場があるのに。。。

気を取り直して、内湯へはいると。。。
キャーーーーー!
落ちてます。わたし。
お風呂の床が抜けました。事故です。
外から、SSを撮っていたせいでしょうか??



なので、これでオシマイ^^

【おまけ】
間抜けな、落ちでございました。
なので、おまけします。

夏にぴったりなサーフィンと、夏にまったく合わないけど、ヒンヤリする「腐海」をご覧ください。

まずは、サーフィンです。
場所は、Grandblueです。
なぜか、例の浮き輪でサーフィンww


次は、腐海です。
そう、綺麗な地下水では、菌類は猛毒を出さないんですよね。
なんとなく、雰囲気から涼しそうです。
場所は、Life is goodのとある、小さな池の底です。
(思い出しました。昔、ここの植物を見に来たことがありましたね。)





BP*Drowsy@観光とお買いもの

最近、噂に高いドロシーSIMへ行ってまいりました。
景色、風景も素晴らしいうえに、ちょっとした遊び心があちこちに設定されています。
でも、観光SIMというわけではなく、オーナーのお店などがある普通のSIMなんです。

【場所】
http://slurl.com/secondlife/Drowsy/187/51/37

到着地点は、SIMの岬の先っちょ。左手に映画館があります。右手にあるのはカフェバーでしょうか?

10秒程度の映画ですが、雰囲気と効果音はバッチリです。白黒映画ですー。

中には入れませんが、いろいろなお店が並んでいます。本当の「お店」も混じっていて、区別がつかない。。。。




陸へ戻ると、小さな公園があります。怖いオオカミもいるし、鬼ごっこの鬼役のアニメもあったり。楽しいです^^

「1。2。3。もーいーかい?」

「えーー?!まだなの?」

ギーコ、ギーコ。うわぁ!

食べられちゃいましたww

一人では動かないシーソー。アタリマエカモWW

急降下する滑り台。砂場がモコモコ動いています。

BPさんのお店の前。熊が時計?を持っています。時計の針がくるくる回っています。

お店の裏へ回ると、綺麗な浮輪が浮いていました。

奥へ進むと、カッパ池が。「このへんはこわいぞ」って、そう言われても。。。

ここは、、、図書館???

さらに奥に、お店が見えてきました。

KUROTSUBAKIのお店です。支店かな?

で、newのhairを買っちゃいました。1色L$100。2色買いました。
Fatパックを買いたかったです。
(旧タイプにも気なるhairがあったのですが。newみたいにrefreshしてほしい。と、我儘を言ってみたり、、、)

お店の裏へ出ると、「家具はこちら」と看板が出ています。

像のぬいぐるみのほかに、、、、お掃除アニメがあります!これ欲しい!!
あーー。でも、L$250ww。手が出ません。

水がキラキラ光っていて。とても、綺麗です。

リスの夕飯です。シチューかも?

まだ、工事中のエリアがあります。完成が楽しみです。

お店の屋根の上に登って景色をみます。

出発点へ戻りまして、カフェの横にある路地へ降りてみます。

ここにもお店がありました。

遠くに目をやると、ドラゴンがいました。


お買いものもできて、探検もできて、綺麗なものを見ることができる、、、。
日本人オーナーの感性の高さがにじみ出ているSIMでした。


続きを読む

プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
ひろみと申します。
現実世界と比べて約3倍以上の速さで変化しているといわれる、セカンドライフ(Secondlife)で、”某女子高新聞部ごっこ”をしてenjoyしています。そんな楽しい生活をご案内します。


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村
記事がよかったら、押してくださいね^^

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
日本ブログ村