奥多摩弓道会@宣伝

ごきげんよう

ふーあぁ。疲れました。トホホ。
やっと、弓道場の修理が終わりました。
でも、もとに戻ったわけではないです。
ちょっとレベルダウンしちゃったかなぁ。><

お友達と弓道練習するために、去年、奥多摩に弓道場を開設したのです。
ところが、弓の矢をrezするには、土地のGroup権限が要ることがわかったのですよ。
で、お友達はGroup数25MAXになってて。結局、放置状態です。
それではもったいないので、会員募集看板を出してみたのですけど、宣伝もしてないし。
誰も加入しない状況がずっと、続いていたのでした。

年も改まったことだし、道場を畳もうかと引っ越し準備をしていたらね。
SL-officialのグループ情報の数字に、気がついちゃいました。
そう!いつのまにか会員が1名増加してます。ドイツ人らしき、Yさん。
練習してくれているのか不明ではありますが、あわてましたよ。まったくもう。

一部撤去した看板とGroup設定を戻して。ここまではOK。
じゃ、道場を残すのなら、本当にブログ宣伝しちゃおうかと、そのためのSS撮りました。

これも良いことにしましょう。
その次が、いけなかったです。お調子に乗っていました。
「そうそう、矢の防護壁の端っこを透明にしようかな。」
なんて、透明テクス貼っちゃったら。。。。うわぁ!
全部透明になっちゃった!?!
わーん。>< 道場なくなっちゃったよーww
(MAOちゃん。知世ちゃん。せっかく作ってくれた弓道場を壊してごめんよー。><)

うううう。
金網フェンスどうしよう。。。。
X-streetにあるかな。。。ついでに無料テクスを集めて。。。
で、買ってきました。
金網はOK。比較的、綺麗に修繕出来ました。
う。。。
壁がいまいち。でも、時間もないし。。。。

で、復活しました、「奥多摩弓道会」です。
弓道をしてみたい人、特に団体戦を企画してみたい人、ぜひぜひご参加ください。
仮想の対戦相手は、弓制作者のハルキさん関連のとこか、リリアン女学院の弓道部になります。
(MY学園さんとこの弓道部が復活すると、そこも対戦候補になります。復活するかなぁ。)
(またまた、休会になるまえに、団体戦にチャレンジしてみましょう!)
http://slurl.com/secondlife/OKUTAMA/190/183/41
Okutama Kyudou-jyo

と、宣伝するだけならこれでいいんですけど。
やっぱり、真実も伝えなければと、補足説明します。

普段は、嫌なことを矢に込めて放つことに集中する、というストイックな遊びです。
つまり、無心に矢を放って、心を落ち着かせるという”大人のあそび”ですね。
だから、好きな時に、一人で矢を放つのです。10発も放てばOK。
(まるで、朝マック。??)

でも、競技もしたいと思うのでルールを考えてみました。
まず、矢が”弓なり”に飛ぶので、的に当てるのに案外難しのですが、なれちゃうと、百発百中になっちゃう。
なぜなら、景色の高さを基準できるからなんです。
(マウスルックの照準をOFFにすると、めっちゃムずくなるけど。OFFにしたかは自己申告だから、競技規制にはなりません。)
そこで、競技をするなら、SKYに道場を上げて、目標をなくしたり、1矢ごとに場所を変えたりすると難しくなります。
RL弓道では、3人から5人が順序よく、並んで放つようです。(見たことないので、写真で想像しました。)
この雰囲気は作ってみたいので、3人並んで順序良く次々放つルールにしたいと思います。
団体戦はこのようなSLルールを考えています。

結局、長く続かないかもしれないけど。
お金が許せばこのまま、”静かなカフェ”みたいな弓道場もありだと思っています。
(さーて、やりたい人いるかなー)
(Yさん。一応、宣伝活動したので、これで許してください。ものぐさな創設者より)



スポンサーサイト

テーマ : セカンドライフ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
ひろみと申します。
現実世界と比べて約3倍以上の速さで変化しているといわれる、セカンドライフ(Secondlife)で、”某女子高新聞部ごっこ”をしてenjoyしています。そんな楽しい生活をご案内します。


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村
記事がよかったら、押してくださいね^^

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
日本ブログ村