Tesh Garden + Wastelands@観光リポート

ごきげんよう

今日もDestination Guideを使ったツアーです。

Tesh Gardenの観光リポートします。
それと、RPGのThe Wastelandsのさわりを少しだけリポートします。

まず、Tesh Gardenというのは、お温室などを販売しているお店のことです。
公園ではありません。
【場所】
Botanical G, Tesh Garden(68, 92, 23)
http://slurl.com/secondlife/Tesh%20Garden/68/92/23/


温室がとても綺麗です。
そのほとんどが売り物です。copy不可で5個セットのもの。Copy OKのもあります。

先ほどの音質も、この温室テラス付きのお家も売っています。

これ、気に入りました。キャンドルがタッチでON/OFFします。

これもマニアにはピンとくる、各種の風見鶏。風を受けて動いています。

ではお隣のSIMまで歩いてみましょう。

葡萄がなっています。SLでブドウを始めて見ました。
これは売り物ではないと思いますけど。
私有地とお店の区別がつきにくいですね。

別の建物を外から見てみると。ここは。。。お店のようです。





【おまけ記事】

The Wastelands

RPGのSIMです。12SIMもあるので、かなり広大です。
でも、Wikiを見ても、その内容がよくわかりません??

【解説】
http://wiki.the-wastelands.org/
【場所】
The Wastelands/131/153/66
http://slurl.com/secondlife/The%20Wastelands/131/153/66/

ようするに、人間とか、ゾンビとか、いろいろいて。荒廃した世界を生き抜いているという設定のようです。
専用HUDがあって、Lifeが分るみたいです。
外からの武器の持ち込みは禁止みたい。

やっぱり、どこのRPGも難しくて、私にはよく分らないのですね。
(ということは、私が所属するマリみても、部外者には難しくてよくわからない、ということでしょうか?)

さて、上記の解説Wikiを見て、様子を見に行きたくなった人へ。
teleport直後の様子を解説します。

まず、小部屋に降ります。
(「よくあるパターン」です。)

すると、武器禁止など8行ほど解説メッセージがでるのですが、ゆっくり読んでいる暇がありません。
60秒以内にagreeしないと、BANされます。
こんなせっかちなRPGは初めてです。

BAN間際に、agreeしたのですが間に合わず、BANされちゃいました。
直前に送ってきた、Landmarkを使うと、地上へ出る部屋へTPできました。

最後の念押しで、武器を持ち込まないように、携帯しないように、メッセージがでます。
それでは、行ってきまーす。

周囲は見渡す限り、荒れ果てた砂漠です。居住者と思われる人が数人、レーダーで確認できます。

私有地なのか、公共エリアなのか、さっぱりわかりません。
たぶん、私有地なのかな?

お店がありました。

この辺が私の限界かも。皆さんも、Wikiで勉強してから始めた方がいいですね。

(ファイナルファンタジーだったら、まだなんとかついて行けるような。ミッドガルドで練習してこようかな。)
(wwすみません。まだ、FF13終わってません。いつ終わるんだろうww トホホ。スクエニの人。初心者モード作ってください。お願いします。)






スポンサーサイト

テーマ : セカンドライフ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!
ブログランキングから訪問しています。
いろんなブログを応援させていただいています。
お互い頑張りましょう!
応援ぽち!
プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
ひろみと申します。
現実世界と比べて約3倍以上の速さで変化しているといわれる、セカンドライフ(Secondlife)で、”某女子高新聞部ごっこ”をしてenjoyしています。そんな楽しい生活をご案内します。


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村
記事がよかったら、押してくださいね^^

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
日本ブログ村