Hosoi Mura @観光リポート

ごきげんよう


松本城で有名なChubuに隣接するSIM、Japan Kansai SIMに、日本風街があります。
その観光リポートです。

制作者は海外の方のようです。
(噂では、オランダか、ベルギーかも。)
基本は日本風なのですが、土地音楽が中国風だったり、多少オリエント合作になっています。
でも、テクスチャーなどは飛びぬけて素晴らしく、多少の混ざり具合も楽しい物になっています。
(命名が必ず日本語なので、「日本」がベースになっていると思います。)
(京都、松本などの写真をもとに作られている様子です。RL日本に観光経験があるのでは?)

屋根に上る梯子があって、忍者ごっこできそうな仕掛けがあります。
誰も気がついていないと思いますが、地下に隠し水路があります。
この水路に入る隠し入口を5か所見つけました。
みなさんも探してみましょう!!

街の中心部は、公共施設と思われますが。
周辺部だと、プライベート??のようにも見えます。でも、鍵がかかっていません。
表札に、「FREE」と書かれているものと、部屋名?が書かれているものがあります。
これは「部屋名」ではなく、個人の所有者の名前にも見えます。
判断がつかないので、何か言われたら謝ったほうが良いかもしれません。



※Destination Guideに掲載されています。
※4SIMあるため、遠景をSSに収めるには、MAX512m設定にしていたことと、Viewer Skins/Starlightを導入しているので、”アカウント落ち”しやすくなっていました。この取材では何回も落ちながらも、しつこくrelogを繰り返し、取材を貫徹しております。
※今回はSS取材優先にしたため、世界設定を「昼」に固定しています。

【場所】
http://maps.secondlife.com/secondlife/Japan%20Kansai/89/37/22/

TP先は、ここです。
目の前に籠があります。これを担ぐことができますので、3人で来た方が面白いかも^^



石畳とか、年代考証は置いておいて、とても綺麗な造りです。

ここは、義塾です。慶応?? 寺子屋みたい。吉田松陰なら松下村塾ですけど。ここは、どのイメージなのでしょうか?
でも劇ができそうで、楽しいです。^^
(浅草のこももちゃん達。ここで、時代劇のVideo撮影してくれないかな。)

正坐をすると、なぜか、こころもち上を見上げます。不思議。

日本の地図があるから、幕末の雰囲気です。

2Fとかにも部屋がありますが。。。なぜか布団つき。
SEXベッドではないようですが。
あ、そうか。「布団を片付ける」という経験がないのでは?!
ベッドみたいに敷きっぱなしが、当たり前だと思っているのかも???




ここは芸者さんがいる、お茶屋のようです。


どの部屋も絵画など、とても品があるものが飾られています。


2Fの部屋に、SSが。オーナーさん?じゃ、ここは、プライベート?そんなはずはないかw


大広間もあるので、宴会もできそうです。

琴を弾くところです。でも、実は下半身が畳に埋もれてますww

芸者さんの出勤簿があります。ほんとうに芸者さん、いるんだー。


芸名の札がかかっています。

「ねずみ」って。。。。 なぜ、「とし*」なの???


SHOPもあります。海外クリエイターの方が多いような感じ。


ここで一時、取材を中断し、日を改めまして続行です。
右の方へ行ってみましょう。


この前に見た、琴があります。6 soundsと書いてあります。聞いてみたいですね。
DEMOはないようです。

お店の看板は、わかりやすいように英語でした。

江戸時代というよりも、明治時代風かも。

雰囲気がいいのですよ。建物の配置がヨーロッパ風だからでしょうか。
松本や京都だと、こういう配置の場所があったりするのでしょうか?


ここは、芝居小屋です。

立派です。幕もオーナーだと開くみたいです。
きっと、歌舞伎できると思います。ただ、花道が正面にあるのが、日本基準と異なります。
でも、ファッションショーにはちょうど良いかも。

ここで、芸者さんがおひとり、様子を見に来たようですが、挨拶することもなく帰ってしまいました。
私から話しかければ良かったかな?

このお店にあるのは、漢服?でしょうか。
一番安いL$10の一般女性用を買ってみました。

この看板、読めません。なんだろー??
両替商のようですが。

まだまだ、お店がありますよ。


あっちこっち、ウロウロ。


屋根に梯子が掛かっています。忍者ごっこできそうですよ。

鳥居の先へ行ってみましょう。


神社ではなく、お寺みたいです。
昔の日本も神仏合体させていたのですから、おかしいとは言えませんよ。^^
内装はとても雰囲気があってよいですね。
(松本城と同じテクスのようにも思えますが。古い雰囲気はgood!です。)





北の海側へ行ってみましょう。




海に沿って、南へ進んでみましょう。

田んぼに水牛がいます。ベトナム風でしょうか。



表札に書かれている文字は、「Jiao」。うーーん。privateのような???
でも、鍵はかかっていません。publicなのか、判断が難しいです。

ベトナムの船に見えますが、船名は、日本風。
なので、「ベースは日本」として考えているのでしょう。

忍者ごっこで、屋根に登ります。別に飛行禁止ではないので、気分のコダワリでしょうか。

さっきは人影があったので遠慮していた場所へ行ってみましょうか。


ホタルの雰囲気を見るために、暗くしてみましょう。

橋を渡った先に、出島があります。



ここも、Private? Public? みたいな。判別がつきません。




やっぱり、「Benita」さんのお家ではないでしょうか????


船の中も見てみましょう。


この船も買えます。(でも、お値段は高めです。嗜好品だからかもぉ。)


さっきのSS。井戸がありましたよね。これ、なにげに潜ってみると。。。


な、な、なんとー!! 隠し地下通路(水路?)がありますよ!!!

海へ出ることができます。海底に河童向け施設はないようですが。。。。



さあ、橋を戻って、川沿いを進んでみましょう。
ピピピピ。。。。
私の妖怪レーダーが反応しています。ww
これ。。。。怪しい。ww

Bingo! 隠し通路があります!!!


開かないww この扉はフェイクのようです。別の方向へ行ってみましょう。

さっきの以外の扉は、開くようです。どんどん進んでみましょう。


このSS見て、気がついたのですけど。立て穴が見えてましたよ。



うんしょww 穴から出てみると、そこは。。。。。

???ここどこ???

街の中へ出られました。もーービックリww




お隣のSIMには、万里の長城とか、もちろん松本城。五重塔があるモール。
あと、C:SIクラン用の道場ですが、弓道もできるようになっています。
お時間があれば、そちらも寄ってくださいね。
でも、時間が足りないかもww
(地下通路探検に絞っても面白いかも。海底にもまだ謎がある予感がします。^^)








スポンサーサイト

テーマ : セカンドライフ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
ひろみと申します。
現実世界と比べて約3倍以上の速さで変化しているといわれる、セカンドライフ(Secondlife)で、”某女子高新聞部ごっこ”をしてenjoyしています。そんな楽しい生活をご案内します。


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村
記事がよかったら、押してくださいね^^

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
日本ブログ村