The Rose Theatre @ 観光リポート

ごきげんよう

The Rose Theatreという場所へ行ってまいりました。
雰囲気のあるボールルーム、地下の図書室(きっと談話室ということだと思います。)、ギャラリーがある2SIMです。
ガウンを着てSSを撮るのにぴったりです。
※ Viwerが頻繁に落ちています。私だけなんでしょうか?
【場所】
http://maps.secondlife.com/secondlife/Angel%20Manor/15/197/22
【ブログ】
http://www.impl.org.uk/




エントランスがとても綺麗。床がピカピカ。

左手には、待合用のバーがあります。
ここまで、頻発してViewerが落ちたので、気休めにお着替えしてみました。
結局はたいして変わらず。でもしつこく、リログを続けて取材を続行します。

数は少なく2店しかshopがありませんでしたが、こんな感じの商品構成です。
Utopiaも出店してました。かなり気合を入れて着飾るのが良いようです。
※ でも、ビジターはみんな普段着。なんとなく、普段着の方が違和感ありますね。








ここがボールルーム。いい感じです。これなんかは、イギリス感覚なんでしょうか。
中央にある彫像のようなものが、ダンスボールマシンでした。


2012/2/27火曜日の1pm SLTに、コンサートがあるようです。
ガウンを着て訪れるチャンスですよ。
ヨーロッパのボールルームでの様子を見てみたいですね。






地下に、図書室があります。
うーーん。これは大人の社交場ですよね。一人掛けの長机もありますから、受験勉強してもいいでしょう。^^


これなんか、勉強している感じ。
※ こももちゃん。SLで遊んでないで、ここで勉強しなさいよ。^^

外は、秋の様子。でも、SIMの雰囲気に合っているので、問題なしかな。^^

外の庭園を上から見たところです。

右手に進んでみると、長い廊下が続いています。

奥には、隠し書斎のような部屋がありました。


部屋から反対側へ進んでみましょう。




ベルサイユ宮殿にあるようなホールがありました。

下へ降りて、劇場へ。席はたくさんあるけど、きっと全員は座れないよね、とか。。。
天井のフレスコ画?がとても上品です。


次は、ARTギャラリーへ行ってみましょう。

SLの風景がもありますが、本物RLのCOPY版が多く、驚くような値段が付いているようなものがあります。最低でもL$600くらいでした。







これなんか、いいでしょ。^^ でも非売品です。


この板を通ると、先が特設会場になっています。

これはSLの風景画です。どこでしたっけ?行ったことあります。



これいいですよね。アジアン レッド。L$600。買おうか迷った作品です。



外の様子を見てみましょう。


馬の貸し出しサービスがありました。






プールもありました。夏に来てみたいです。

中へ入ってみましょう。

図書室のようなところへ出ました。先ほどの図書室とは違う???



家具売り場?でしょうか?
ほとんどがサロンのようで、売り場というよりは談話室がたくさんある感じ。どれも気分良い部屋なので、お友達と遊びに来て丁度良い感じです。でも、publicですから、騒がしいと怒られてしまうかもしれないので、IMを使用したほうがよいでしょう。

で。。。さっきから、Viewerが落ちまくり。もうどうしようもない感じなので、レポートはここまでです。
本当は記念に、ガウンでSS撮りたかったんですけど。。。残念です。><




にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村
記事が良かったら上を押してね~~^^







スポンサーサイト

テーマ : セカンドライフ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
ひろみと申します。
現実世界と比べて約3倍以上の速さで変化しているといわれる、セカンドライフ(Secondlife)で、”某女子高新聞部ごっこ”をしてenjoyしています。そんな楽しい生活をご案内します。


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村
記事がよかったら、押してくださいね^^

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
日本ブログ村