International Spaceflight Museum@観光リポート

International Spaceflight Museumでの観光リポートをお伝えします。

【場所】
International Spaceflight Museum, Spaceport Alpha (72, 145, 23)

Space Frontier Sandbox, Space Frontier (155, 158, 26)

Exploratorium, Exploratorium (132, 163, 251)

ここは、ロケットに関するものがすべて見ることができる博物館でもあり、宇宙に関する展示もあり、とにかく広いのに、ビックリします。

連結されたSIMの数が、なんと46個です!
これ全部、宇宙・ロケット関連と思われます!
*science schoolというSIMやUK Virtual HospitalというSIMもあるので、宇宙以外の公共SIMがあるのかもしれません。
*屋内の看板では、少なくとも7SIMは宇宙関連の説明があったように記憶しています。

とても数時間ですべてを見ることなどできるわけがありません。気合をいれて、計画的に訪問しましょう。
ちなみに、私も結局はほんの3SIM程度の、それも一部だけを見たにすぎません。
ここでご紹介できるのはその一部です。

左上に豆粒のように見えるのが、打ち上げられたロケットです。いきなりの話の展開です。^^
ここは、Space Frontier Sandboxです。展示用に開発されているロケットがあちこちで見ることができます。
なぜ、ココからスタートしているかという疑問があるでしょうが、深く考えないように。!!

原野の真ん中に、見学ライドツアーの宇宙船がありました。でも、作成中の作品に混じっているので、「本当に動くの??」と、半信半疑で乗り込みました。


ちょっと長めのツアーを終えて、今度は宇宙旅行ツアーがあるInternational Spaceflight Museumに出かけます。

この宇宙船で探検ができるそうです。

当然、宇宙服に着替えて搭乗します。でも。私、宇宙服持ってないよ。ww
そうだ、ウルトラ警備隊があったね。^^
あれ、飛ばないよ?どうして?
*呪文がいるのです。
Gemini Titan whispers: When ready, say '+blastoff'
つまり、「+blastoff'」と叫ぶのです。ね?飛んだでしょ。^^

おーー。いつの間に、宇宙へ出たんだろう。星が瞬いています。宇宙だー!

宇宙ステーションが見えます。

足元には、地球が。丸いですねー。

テレポしながら、あちこちの惑星を見学します。

火星だけは、地表に降りることができます。



お帰りは、なぜかパラシュートで降ります。(「落ちます。」が正しい表現でしょう。)

スペースシャトルに乗ってみたりと、見学対象がたくさんあって、たいへん。

これだけたくさんのSIMがあります。あれ、sand^boxのSIMが書いてないや。隠しているのかな??

近くの売店に売っていた天体望遠鏡を覗くと。うぉー。見えます。見えます。!(天体を選べるようになっています。)

地面に隕石が落下するアトラクションを見学。でも最初の部分を見逃しちゃった。残念ww


これは、SIMのほんの一部なんです。
あーあ。
時間が潤沢にないと、どうしようもありません。
皆さん!!見学コンプリート、がんばりましょう!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
ひろみと申します。
現実世界と比べて約3倍以上の速さで変化しているといわれる、セカンドライフ(Secondlife)で、”某女子高新聞部ごっこ”をしてenjoyしています。そんな楽しい生活をご案内します。


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村
記事がよかったら、押してくださいね^^

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
日本ブログ村